インドで持続的なトウゴマ栽培

Pebax® Rnew® インドのグジャラート州で栽培されたトウゴマから作られています。 栽培されたトウゴマを粉砕してひまし油を作ります。そして、ひまし油はいくつかの工程でさらに精製され、ポリマーに必要な植物由来の原料が作られます。

従来の化石燃料 (石油) 由来のポリマーとは異なり、Pebax® Rnew® ポリマーは生産過程において大気中のCO2を吸着するため、結果としてCO2排出量削減を大幅に削減できます。 卓越した機能的性質と植物由来持続可能な特性の組み合わせにより、Pebax® Rnew® のポリマー製品群は優れた性能を発揮します。

Pragatiとはヒンディー語で「進歩」及び「発展」を意味します

Pragatiプロジェクトの最初の3年間では、3,000人以上のトウゴマ農家へ慣行農法のトレーニングと認証を行いました。その結果、水の利用状況をモニターする模範農家で、水の消費量を約25%削減しました。また、2016年のベースライン調査と比較すると、トウゴマの収穫高が50%以上増加し、3,000以上のトウゴマ農家に安全キットと作物保護製品の保管ボックスを配布しました。

現在はPragati 第2期プロジェクトに入り、参加農民を7,000人に増加することを目標としています。

ミズノ、植物由来原料PEBAX RNEW から作られたウェーブプレートを搭載したWAVE RIDER 24を新発売

フットウェアやスポーツアパレル業界のリーダーであるミズノは、同社のフラッグシップ商品であるWAVE RIDERの新しいモデルWAVE RIDER 24を発表しました。 この新しいWAVE RIDER 24には、持続可能な植物由来ポリマーPebax® Rnew® から作られたミズノのウエーブプレートが搭載されています!

HEXRの持続可能なサイクリング向けヘルメット

最先端のヘルメットデザイナーであるHEXRは、保護用のハニカム構造を持続可能なポリマーで作られているカスタム3Dプリントヘルメットを製造しています。 彼らが石油由来の材料をヒマから作られた持続可能なポリマーにどのように置き換えているか、こちらのビデオをご覧ください。

スカルパは、アルケマが支援するトウゴマ農家の人たちにスキーブーツについて説明をしました

スキー場から遠く離れたインド・グジャラート州のトウゴマ農家の人たちは、持続可能な農業活動によってもたらされた技術に驚嘆ました。

スカルパの軽量で耐久性のあるスキーブーツは、地域の多くのトウゴマ農家の家族を支援しています

現地の写真

世界の80%以上のひまし油の生産地であるインド・グジャラート州からの画像をご覧ください。

Top